勝手にお得と思われる情報を、勝手にオススメするブログ
coms-bike-space

超小型モビリティの駐車事情、どこに止めたらいいの?

軽自動車より小さな超小型モビリティ、四輪車なので普通自動車の駐車スペースで駐車する事が普通なのですが、実際は小さな車体を利用して色々なスペースに駐車することも出来ます。今後認可されるであろう超小型モビリティ(超小型車)が普及したときに考えられる利点や問題点について書いてみました。

スポンサーリンク

・コムスの場合

普通自動車のスペース

コムスはミニカー登録なので、「道路交通法」では自動車扱いですが、「道路運送車両法」では原動機付自転車として扱われます。四輪車なので普通の自動車のスペースに駐車するのですが、考えようによっては原動機付自転車と同じスペースにも駐車することは法的にも出来ると思います。コムスの大きさは2400mm×1100mm×1500mmこの大きさを踏まえて駐車場に止まっているコムスを見てみます。

トヨタが2020年に発売すると公表されている超小型車のサイズは2500mm×1300mm×1500mm、横に200mm(コムスのタイヤ1.5本分の幅)、縦に100mm増えたとして想像してみてください。

コムス駐車中

通常の自動車駐車枠ではコムスはこんな感じです。隣がハイエースの標準サイズですが、とても小さい事がわかります。コムスなら縦列でも2台止める事が出来ますし、スペース的には4台駐車することも可能です。これだけ車が小さければ駐車するテクニックも何も無く、頭から入れようが、バックで入れようが困ることはありません。しいて言えば込み合ってる駐車場で空きスペースを探す車に空いていないとわかってもらえるように少し前気味にして止めています。

バイクスペース

コムスの小さな車体を生かしてバイクと同じスペースに止める事も可能です。

coms-bike-space

とあるショッピングセンターですが、バイクの1.5枠を使って駐車しています。長さ方向は全く問題無いことがわかりますね。扱いでは原付バイクなので隣のサイドカー付きの原付バイクと同じ扱いかな?と思っています。

バイク乗りに人気のない青空スペースであれば割と空いているので、屋根が付いているコムスの利点を生かして止めています。気を付けることは囲われた駐車場の場合は出る時のスペースを考えて止めるようにしています。

駐車場のコムス

いつも週末には大混雑する「コストコ」ですが、バイク置き場なら問題なく置けます。ココでも気を付けることは出る時に問題にならないかと邪魔にならないかです。

ちなみにバイクで最大の大きさの物はホンダの「ゴールドウイング」ですがこちらは長さ2630mm×幅955mm×高さ1525mmなのでコムスより幅以外は大きいサイズになります。ちなみにコムスと同じミニカー登録の改造ジャイロキャノピーはもちろんバイク置き場に置いてあります。

有料駐車スペース

コムス時間貸しスペース

こちらは最近よく見かける駅前のバイクの時間貸しスペースです。原付バイクのスペースは狭いのですが、大型用スペースは広く取っているのでこんな感じで止める事も出来ます。

この写真の場合はワイパーの部品を課金用のワイヤーに絡ませて課金ルールに則って止めてます。

ちなみによくある入出庫がバータイプの駐車スペースですが、コムスの小さい車体でもちゃんと認識してくれますので心配はいりません。ドアを開け閉めする手間が一つ増えるだけで後は普通の自動車と何ら変わりありません。

まだ試していないのですが、最近増えて来たナンバープレートを読み取って課金するタイプの物は前面にナンバープレートのないコムスは認識しませんでした。入る時にゲートが開く駐車場は入れるようですが、精算時にコムスは出てきませんでした。もし入る時にゲートが開かない場合は駐車できない可能性があります。

スーパーでは?

コムスでスーパマーケット

スーパーの駐車スペースによりますが、オープンタイプの駐車スペースだとこんな感じで駐車できます。オーブンタイプだとバイク用駐車場でも駐車できますし自転車兼用でも問題ありません。

注意点としては自転車置き場だと隣の自転車を出すときに接触する事があると思いますので、その辺り十分な空きスペースを考えて駐車することを心がけています。原付以上の大型バイクが止まっているスペースはバイクの持ち主も自分のバイクを大事に扱う傾向があるので、あまり心配ありません。

家で駐車する場合は?

自宅で駐車するためには軽自動車や普通自動車と違い、車庫証明は不要ですので、コムスが敷地内に収まるのであれば問題はありません。本当にちょっとした隙間でも止めれるので、400ccのバイクが止めれるぐらいの隙間があれば割と行けるのではないのでしょうか?

ちなみに我が家の駐車場です。コムスの前を見ていただければ階段があるので、軽自動車であっても車2台を並列に止めてしまうと出入りが不可能になります。こんなスペースでもコムスなら問題なく駐車出来ます。

スポンサーリンク

ちょっとグレーな所

コムスの小ささを生かして様々な場所に駐車することが出来ますが、チョットグレーな部分もあります。コムスはミニカー登録という自動車とも原付バイクともとれる規格で明確なルールが存在していないため駐車するスペースは色々考えて駐車します。

通常は自動車のスペースに止めるのですが、オープンスペースで空いている等、条件が良ければバイク置き場置くことも割とあります。バイク置き場のスペースでの駐車でも警備員の方を含め珍しがって声をかけられることはあっても、咎められた事は一度もありません。この小ささからくる心理的なメリットも十分あると思います。

ミニカー登録のジャイロキャノピーは例外なくバイク置き場であることと、400ccでも大型のバイクはコムスに匹敵する大きさの物もあります。週末込み合うスーパーなどではバイク置き場に置くことで普通乗用車スペースが1台分空くことになるので、店舗側もメリットはあると考えています。

警備員の方がいる場合は指示に従っていますが、たまに判断がつかないパターンもコムスに乗っているとあるあるパターンです。四輪であってもあくまで形式上は原付バイク扱いですので、警備員の方が判断に困ったときは「原付です」で大体話は終わってしまいます。

まとめ

2020年にも認可が行われそうな超小型車ですが、多分議論される事が駐車スペースについてだと思います。現状普通自動車の駐車スペースばかりですが、都会のスーパーなどでは軽自動車専用スペースがあることもあります。今回の超小型車は街中で利用することを前提に考えられるので新たに超小型車スペースが作られる可能性についても議論されると思います。でも結局軽自動車ほどの普及台数にもなるとも思いませんので普通自動車と共用、もしくはバイクと同じスペースになると思われます。

コムスに乗っていると超小型車が止めれるバイクスペースはあまりない事に気が付きます。コムスを駐車するスペースはあるのですが、切り返すだけのスペースが無いからです。ただオープンスペースであれば問題無いので私はその時はバイクスペースに止めるようにしています。注目度は抜群ですが、邪魔にならない止め方をすれば物珍しさから話しかけられる事はあっても、咎められる事はありません。要は常識的な止め方をすれば問題無いという結論に私は達しています。

個人的には最近増えて来た課金バイクスペースへの超小型車への対応を期待しています。幅は普通自動二輪車の1.5~2倍の大きさですが、全長はさほど変わらないため駅での整備が進めば安価にパークアンドライドが実現できます。そうすれば過疎地の場合、近くの駅まで超小型車で行きそこから遠方へ向かうことも出来るので、交通事情も良くなるし、遠距離移動できない超小型車の欠点をカバーできると思います。

何れにしても十分な議論がされているかわからない部分ですので、今後規格化されたときに議論が必要な部分でもあると思います。

スポンサーリンク
coms-bike-space
最新情報をチェックしよう!